2009年11月17日

源氏物語:幕末・維新の英傑も愛した?平安の恋愛小説

源氏物語=54帖(じょう)=の一つ、「梅枝巻(うめがえのまき)」の最古の写本と判明した甲南女子大(神戸市)所蔵の古書には、旧日本海軍の基礎を築いた勝海舟の蔵書印が押されていた。今年は、源氏物語が執筆されていた年から、ちょうど千年。ミレニアム行事が各地で行われる中、「幕末・維新の英雄と恋愛小説」という取り合わせに、研究者らは、さまざまな思いを巡らせた。


 海舟は、20代初めから蘭学(らんがく)を学び、長崎海軍伝習所に派遣された後、1860(万延元)年、「咸臨丸」を指揮して渡米。神戸の海軍操練所で、多くの人材を育て、旧日本海軍の基礎を築いた。幕末、西郷隆盛と会見して江戸城無血開城したことでも知られる。

 海舟の玄孫(やしゃご)にあたる会社員、勝芳邦さん(47)=東京都世田谷区=は「海舟は、ちっ居や謹慎されると、暇を持て余していた。談話を集めた『氷川清話』にも源氏物語を読んでいたとの記述がある」と話す。芳邦さんの自宅には今も、海舟がデザインした金物の器や陶磁器などが残るといい、「四角四面の政治だけを論じるだけではなく、『文人墨客』としての幅広い知識や遊び心を持った人だったのだろう」と話した。

 海舟に関する多数の著作がある松浦玲・元桃山学院大教授(日本近代史)によると、維新後、海舟の元には生活に困った元幕臣らが借金に来ることがあり、「担保」として書などを持ち込むことがあったという。

 小説「勝海舟 私に帰せず」の作家、津本陽さんは「役付きの幕臣になるには、古典や漢文の素養が必要。教養を広める一環で読んだかもしれないが、勝は利害を見極めることにたけた男。価値があると考えて収集した可能性も否定できない」と指摘した。その一方で、「非常に博学で人間観察が好きな男。光源氏のことを、『こいつやるな』と思ったかもしれないな」と笑った。【坂口雄亮、竹内良和、津島史人】

研究するには

持って来いの材料だったと思います。


勝海舟がそういった面にも

目を向けていたというのは

新たな発見ですね。
posted by にちぶん at 16:00| Comment(1) | 源氏物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://partisian-seo.seesaa.net/article/155499766.html
虹色のシャボン玉が降ってきます。

Posted by 紫陽花のブログパーツ☆彡 at 2012年07月02日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。