2009年08月25日

「鼻」「羅生門」素朴にして秀逸

京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃の話。
荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を、
一本一本とひきぬいている老婆を目撃した男が、
生きのびる道を見つける『羅生門』


足


続きを読む
ラベル: 羅生門
posted by にちぶん at 21:42| Comment(0) | 芥川龍之介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。