2009年10月05日

太宰治の娘・太田さんが父母の恋愛描いた小説出版

ことし生誕100年を迎えた太宰治の名作「斜陽」のモデルだった太田静子と太宰との間に生まれた作家・太田治子さんが、父母の恋を描いた小説を出版した。タイトルは「明るい方へ」。これまで、あえて太宰の作品を読むことを避けてきたという太田さんは、執筆を通して初めて自分が生まれるまでの両親の葛藤(かっとう)や苦悩を知り、苦しみながらも実の娘の支えで書き上げた。「今は晴れ晴れとした気持ち。二人に生んでくれてありがとうと感謝しています」と話している。

 太田さんは、これまで「太宰の娘」と言われることに抵抗があったという。

 「自分は自分、という気持ちで文章を書いていたし、太宰の本は読まなかった。母の文章や日記も読みたくなかった。どういうふうに二人が思って自分が生まれるに至ったかなんて『ほおっておいて』という感じで逃げていた」と振り返る。

 ところが、2008年に発表した林芙美子の評伝を執筆中に心情が変化した。「林さんは他人なのに向き合って、ほとんどの作品を読んだ。太宰にも向き合わねば、と思った」という。


耳続きを読む
posted by にちぶん at 21:19| Comment(1) | 太宰治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。